2013年01月27日

十九代珠算名人位決定戦

 昨年11月25日に開催された標記大会の様子が, 日本珠算連盟のWebPageにアップされています。
 しかも今回は, 競技中の土屋名人の手元動画がアップされていたりなかなか素晴らしい内容となっています。
 その恐ろしいまでのスピードをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 大会動画 → こちら

 今回の記事はこのお知らせのみです。

posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 珠算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

第35回北海道珠算選手権大会レポート

 みなさん, 新年明けましてしばらく経ちましたが, いかがお過ごしでしょうか。2012年1月にスタートしたこのblogも, 2年目を迎えることとなりました。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて, 2013年第1回目の記事は, 先日旭川市にて行われました表記大会についてのレポートです。昨年10月に行われた(と思われる)各地区大会を勝ち上がった, 高校生以上42名, 中学生44名, 小学生以下95名, 計181名が一同に集まり, その技量を競い合いました。
 では早速, レポートしていきましょう。

続きを読む
posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 珠算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

今年1年間, ありがとうございました(2012年)

 本年 2012 年から開始しましたこのサイト(blog), 無事1年間継続することができました。これも読者の方々のおかげと感謝いたしております。
 フジテレビの「コマ大数学科」もそうですが, 数学の話題は尽きないようでやはり「これだ!」と思う記事はなかなか無限に続かないものです(コマ大も私は続けてみていますが, ちょっと無理矢理感のある問題が増えてきたように思います)。最初からそうわかっていたからこそ, 当初より「(1) そろばんネタと混ぜる」「(2) 週1以上の間隔を空けてアップする」というマイルールを策定して記事書きをしていました。実は一気に5週分溜め込んで自動アップロード設定をしたり, これまでの私のサイト運営では試していなかったこともやってみて, これもなかなか楽しいな, と思った次第です。続けて読まれた方は, 果たしてこの辺りどう感じておられたのでしょうか。

 さて, 最後に今年1年間にアップした「そろばんネタ以外」の記事を列記してみます。連載モノは第1回のみの掲載です。リンクも張っておくので, 回顧等にご利用下さい。
 来年2013年も, 引き続きこのサイトはまったりと続けていく予定です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【2012年記事一覧】
「逃走中」オープニングゲームの勝率
1 個のサイコロを投げ続けて, n 回目に初めて 1 の目が出る。n の期待値は?
うるう秒廃止論議など
「平均」いろいろ
2012 年全国学力テスト問題中 3 数学より
規則性パズル
ジャンボ宝くじに当たる確率
「割合」の読み方〜「ポイント」とは?
大きな数
ラベル:連絡 告知 まとめ
posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡・告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

札幌市民珠算競技大会レポート

 12月9日(日), 北海道経済センターにて行われた表記大会についてレポートします。
 本大会は, 日本珠算連盟主催のそろばんコンクールを兼ねており, 問題もそろばんコンクールのものを使用しています。

続きを読む
posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 珠算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

大きな数 (4/4)

 いよいよ宇宙全体の直径内に書き表すことが不可能な領域に達してしまった「不可説不可説転」。しかし, どれだけ桁数を増やそうとも, その数が「有限」であることには変わりがありません。

 今から20年前になりますが, フジテレビの深夜番組に「皆殺しの數學」という番組がありました。MC(?)は数学者の秋山仁。取り上げる話題がかなりマニアック(?)だったためとてもゴールデンでは放映できないような内容だったわけですが, それでも数学好きにはなかなか面白い番組でした。
 その番組のオープニングだったか, エンディングだったか, このような文句が必ずテロップとして表示されました。筆者も正確には覚えていないのですが, 「無限の中よりも, 有限の中に潜む悪魔をあなたはまだ知らない」みたいな文言でした。
 「無限の猿定理」も有名です。これも「無限」と銘打っておきながら「有限」の恐ろしさ(?)を見せしめるような問題です。サラッとでも良いので, 是非とも研究してみてください。

 さて, 果たして人類は, どの程度「有限の限界」に辿り次いでいるのでしょうか。恐ろしいような気もしますが, ちょっとだけ覗いてみることにしましょう。

続きを読む
posted by ma-. at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 数字・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

大きな数 (3/4)

 去る2010年10月11日, コンピュータ将棋がプロ棋士に挑戦するという世紀の一戦が行われました。この時対戦したのは, 当時女流王将の称号も持っていた清水市代。さすがにまだまだコンピュータが平手(ハンデなしという意味)でプロに勝つ事はないだろうと言われていたものの, 何とものの86手でコンピュータ側が勝利。世間を驚かせました。
 この時のコンピュータ将棋ソフトですが, 実は市販されているソフト4種類のベースとなるソフトを使い, それらが1手1手計算してはじき出した最善手4つを, 更にこれらソフトの多数決にて1つに絞るという「合議制システム」を取り入れていました。
 そしてこのシステムの名称(このコンピュータ将棋ソフトの名称と言っても良いでしょう), 覚えていますか?
 正解は「あから2010」。
 さて, この名称に隠された「意味」とは, 一体どのようなものだったのでしょうか。

続きを読む
ラベル:大きな数
posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 数字・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

全日本通信珠算競技大会 兼 北海道珠算選手権大会道央支部予選レポート

 先日10月21日, ちえりあに於いて表記大会が開催されました。全国各地, この付近の日程で通信大会が行われ, 全国順位の集計が行われますが, それ以上に熱いのが北海道選手権大会の予選。今回は, 札幌地区大会のレポートをお送りします。

続きを読む
posted by ma-. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 珠算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。